東亜エレクトロニクス株式会社

  1. サイトマップ
  2. プライバシーポリシー
採用情報

入社のキッカケは?

私は名古屋の専門学校で総合制御システムを専攻していて、将来は医療や介護の人をサポートするロボットの制御開発をやってみたいと漠然と考えていました。そして、就職活動の時期に、専門学校の過去の就職先リストを何気なく眺めていると、たまたま東亜エレクトロニクスを見つけました。地元の浜松で働けそうでしたし、当時は食品分野の制御装置の開発をやっていたので、将来的には自分のやりたい医療系・介護系にも参入するんじゃないかな、と思ってエントリーしました。今では介護用のハード設計や病院用のAEDの充電器のハード設計もやっているので、自分のやりたかったことにとても近い仕事ができています。

入社して良かったと思う点は?

社内の教育システムがしっかりしているところです。入社したてのころに技術研修もありますし、外部の技術セミナーや展示会に参加することも可能です。技術をさらに磨きたい人は専門の資格を取ることも出来ます。もちろん会社はお金を出してサポートしてくれます。こういった制度があれば、今まで電気の知識・経験がない人でも安心できますし、さらにスキルアップしたい人たちにとってはすばらしい環境です。実は私も技術の資格取得に向けて勉強してるんですよ。早く資格をとって、自分の技術スキルを上げて、東亜エレクトロニクス全体の技術力を上げたいです。

入社して苦労した点は?

入社して配属になった部署が、少数精鋭の部隊で、周りのレベルの高い先輩たちの中で、自分の仕事をうまくこなしていくのに時間がかかりました。当時のその部署は、自分の他に少し離れた歳の先輩が2人いるだけで、あとはもっと年配の上司のみ。忙しい部署でもあったので、初めはなかなか自分から質問とかしづらい雰囲気は正直少しありました。
 そんなとき「何でもいいから聞いて来い、ただ、自分で一度調べて、考えてから聞きに来い」と言われたことを今もはっきりと覚えています。頼りになる先輩たちにほっとした部分と、受身にならずにもっと勉強しなきゃと思う部分がありました。この質問するときにスタンスは、今も大切に守っています。

これからの目標は?

医療・介護関係の開発設計を行っていきたいです。人の身体と命に関わるものですので、責任と信頼が大きな課題です。もちろん、自分ひとりでどうにかできるものではないので、自分が周りの人を巻き込んで、引っ張っていける存在になることが必要ですね。最近では技術者が営業と同行して顧客訪問を行ったり、部署をまたいでの技術資料の回覧や意見の出し合いなど、部署の垣根を越えた交流をしています。そういった会社全体を巻き込んでいく活動を私から積極的に加速させていきたいですね。

4つの質問

自分はどんな人ですか?

こだわりが強い人だと思います。
納得するまでとことん突き詰めるタイプですね。

プライベートではまっていること・趣味は?

最近では子育てに時間が取られがちですが、読書(自己啓発本など)が趣味です。

職場の雰囲気を一言で言うと?

「アグレッシブなラボ」ってかんじですね。
技術についての追求があるけれど、決して保守的ではなく、常に革新を求めている、そんな職場です。

ハマトウカンパニーに入社してくる人へ、アドバイスをひとつすると?

行動する前や行動する際に結果は気にしない事ですね。
行動自体が実(み)の部分です。

先輩社員の声

野末 貴治

野末 貴治

ハマトウカンパニー 営業部 購買担当

川井 陽香

川井 陽香

ハマトウカンパニー 生産企画部 物流担当

大石 修平

大石 修平

管理本部 管理部

津野 孝太

宇津野 孝太

東亜電機カンパニー 営業推進部

友田 荘介

友田 荘介

東亜電機カンパニー エンジ営業部

三好 新太

三好 新太

ハマトウカンパニー 営業部

成田 栄一

成田 栄一

フラッシュサポート
グループカンパニー
技術部 技術課

中村 健太郎

中村 健太郎

ハマトウカンパニー 技術部

牛田 誠二

牛田 誠二

東亜電機カンパニー 技術開発室

本谷 亮

本谷 亮

東亜電機カンパニー エンジ技術部

柴田 航平

柴田 航平

東亜電機カンパニー エンジ技術部

堀田 雄祐

堀田 雄祐

東亜電機カンパニー 製造技術部