東亜エレクトロニクス株式会社

  1. サイトマップ
  2. プライバシーポリシー
採用情報
友田 荘介

入社のキッカケは?

大学を卒業したのは2010年で、リーマンショックの影響もあって就職氷河期と呼ばれるほどの就職難の時期でした。いったんはサービス業界に就職したものの、自分としては何となく違和感がありました。また、サービス業界は休みが不定期なので、趣味に当てる時間を取ることができず、転職を考えるようになりました。
 定期的な休みが取れ、かつ地元名古屋にある製造業で転職先を探していたところ、東亜エレクトロニクスを転職エージェントから紹介されました。これまで、電機分野の仕事はしたこともなかったですし、知識もありませんでした。不安はありましたが新しいことにチャレンジしたかったので、思い切って今の会社を選びました。

入社して良かったと思う点は?

元々、私は文系出身であったため、電気分野に関する知識は全くありませんでした。東亜電機カンパニーではOJTという、先輩社員と二人三脚で成長できる教育制度が導入されているので、まだまだ勉強中ですが、この先の不安もありません。また、実際に業務に携わるなかで、社内だけではなくお客様からもいろいろな知識を教えていただいているので、日々、成長を感じることができますね。
 また、これは製造業だと当たり前かもしれませんが、土日、長期連休があるというところが良いところです。東亜エレクトロニクスは、自分の時間が作れ、休みの日には趣味の車に没頭できる、とてもすばらしい環境ですよ。

入社して苦労した点は?

私はキャリア採用で入社でしたが、前職とはまったく違った知識が必要だったので、とにかく覚えないといけないことが多いですね。もちろん、ビジネスマナー等、前職の経験で活かせていることはいっぱいあります。ですが、やはり業界ならではの専門の技術知識がないと、お客様とうまく意思疎通をとることができない、というところで最初は苦労しました。専門知識はなかったですが、先ずは前職でのサービス業経験を活かして、お客様への連絡やフォローはきっちりやっていくことを心がけていました。先輩のサポートもあって、業務を通じて専門知識を身につけることができました。一度、仕事を覚えるとこなせる業務の範囲も広がっていきました。仕事のやりがいがあり、とても充実していますよ。

これからの目標は?

これからは後輩も入ってきますので、業務のオンとオフをうまく切り替えられる先輩になりたいですね。オンのときは厳しく、でも、オフのときにはフレンドリーに接する。私の先輩方もそうだったので、おそらくこれは東亜エレクトロニクスのよい社風でもあると思います。また、プライベートもさらに充実させていきたいです。プライベートが充実しているからこそ、仕事もがんばれると思います。オンのときは仕事に専念し、オフのときは趣味の時間を大切にする、そんなバランスのとれた生活スタイルが目標ですね。

4つの質問

自分はどんな人ですか?

周りからは、何事にもポジティブな人と言われています。
一度取り組み始めると、納得するまでとことん突き詰めるタイプだと思います。

プライベートではまっていること・趣味は?

家の近所のラーメン屋巡りにはまっています。徒歩圏内の店は制覇したので、今度はクルマか電車で行ける店を開拓します。

職場の雰囲気を一言で言うと?

オンとオフがはっきりしている会社だと思います。
働くときは働く、休むときは休む、そんなメリハリのある雰囲気の会社ですね。

東亜電機カンパニーに入社してくる人へ、アドバイスをひとつすると?

常に情報にアンテナを張って、スポンジのような何でも吸収する頭と体が重要です。皆さんの入社をお待ちしています。

先輩社員の声

野末 貴治

野末 貴治

ハマトウカンパニー 営業部 購買担当

川井 陽香

川井 陽香

ハマトウカンパニー 生産企画部 物流担当

大石 修平

大石 修平

管理本部 管理部

津野 孝太

宇津野 孝太

東亜電機カンパニー 営業推進部

友田 荘介

友田 荘介

東亜電機カンパニー エンジ営業部

三好 新太

三好 新太

ハマトウカンパニー 営業部

成田 栄一

成田 栄一

フラッシュサポート
グループカンパニー
技術部 技術課

中村 健太郎

中村 健太郎

ハマトウカンパニー 技術部

牛田 誠二

牛田 誠二

東亜電機カンパニー 技術開発室

本谷 亮

本谷 亮

東亜電機カンパニー エンジ技術部

柴田 航平

柴田 航平

東亜電機カンパニー エンジ技術部

堀田 雄祐

堀田 雄祐

東亜電機カンパニー 製造技術部